vaiduryamuscari’s diary

自分用日記

記録としての日記2

個人的な事を書く事自体が描き方によっては浅ましい上に、私という人間の薄さが露見してしまうが、私の成長の過程の記録として書く。

 

収入や支払いという事について個人的な経験を元に書いてみたい。

 

能力の報酬に応じてお金を与えるというのが資本主義の社会と頭で考えていたが、私の経験は少し異なる見解を示し始めた。

お金は与えるものではなく、誰かに預けるものであり、預かるものである。というのが結論だ。

 

大学院1年の当時、私は父から2〜3ヶ月に1度という期間で、一月に平均7〜8万というお金をもらっていた。もらっていたというのが正直な意識である。

バイトをしたり、働いたり、引っ越したり…と紆余曲折を経て、今年度では、おそらく年間で300万円程預かるであろう。私は300万円を任されるに足る人間になったのかもしれない。

思い返せば、大学院1年の当時、お金の価値、使い方や節約の仕方、誘惑される魔力めいた力などについて経験がなく、正直なところ考えもしていなかった。

父の目には息子はお金を預けるに足る人間ではなかったのだろう。

 

具体的に話してみる。

私は9月27日に親戚の家に引っ越す事にした。お世話になっている不動産には既に申告してある。この事を父に相談するのだが、ただ引っ越すために金をくださいというのではお金を貰うだけになる。我が家では「申請書」を作って、みてもらうのが一番早い。

私が書く事はシンプルで、引越しにかかる総費用、今後親戚の家に引っ越す事によってかかる総合的なお金と引越しをしない時のお金の比較など、引っ越す事による様々なメリットデメリットの比較である。

その上で父に物理的にお金を預かるのは可能かどうか考えてもらい、任せていいと思えるお金を預けて頂く。この一連のお金の扱いは必ず必要になる。

自立とは、親がいなくても、家族ができても、私が私としてしっかり生活していく事ができるという事である。人様に迷惑を掛けないという事である。

 

家を建てる仕事を考えてみる。

1000万から1億くらいのお金と人の一生を預かり家を建てる。その意味を探し始める器は出来たように思う。

 

言葉とは不思議なもので、真実に触れようとすればする程、遠退いてしまうように感じながら、ただがむしゃらに追いかけていた。

今後は言葉とは少し距離を置いて、動きます。

 

今年度の終わり頃、日記を再開しようと考えました。何か今の意志以上の力がない限り、そのようにしようとおもっております。

 

では、おやすみなさい。

一欠片の秘宝

柏崎帰省中ふと感慨深くなり日記を。これからは平易な文章を書く。


ほっとけばこれからどんどん過疎になる街。
俺はここで産まれ育ち、ここを出た。
色んな人と関わり合い、その喜怒哀楽と出来事が自分を大きく形成したのを感じる。

 

この街はほっとけばどうにもならなくなるのを感じ取った。何かを経験した後と前とでは人は同じじゃない。

モノを創る前と後とでもそのモノに関わる個人が変わり、その個人に関わる人が変わる。

親父は医者という立場から人と関わり、より良くしようとして来たのだなと感じ取った。もちろん、人を受け入れるお金などもかなり動かしている。

親父の積み上げてきたものには敵わない気がするが、幸運か何かの因果か運命か、私は建築家を志す。

建物や音楽イベントなど、人が経験し変わる器を創ることを志す。

人だけでなく器を含めて、今よりもっと良い社会を志す。

今は器の設計に関して、そこらの同年代より未熟であると感じ取っている。

私の26年間はたくさんの出来事、苦行があり、消化するのに今まで労力を費やしていたようにも思う。

 

私を育てたこの街はほっとけば縮小していくだろう。私1人の力ではどうにもならない。でも、26年間で考え続けたことが、色んな人を繋げていけると感じ始めた。

 

しばらくものづくりに対してめちゃくちゃに修行します。

無茶しながら笑うのがある段階での強さなんだなと。

 

また何回でも戻ります。

ではでは。

 

 

私が拙い日記を書く理由

どうも、スキゾフレニアの学生です。

その記録の為に日記を書いております。

 

自分がスキゾを統合する過程なのか、別な何かに変貌する過程なのかわかりませんが、私は一つの理想とする未来の為に書いているのです。

 

現実ではスキゾフレニアは排他の対象です。

具体的には、意思疎通が取りづらい、全く取れないことや、その場で留まることがし辛かったりと、現代の仕事に不向きなことなど考えられます。

更に、学生のうちから排他的であると感じております。

理想的な学生ではないという意味で模範的な対象になり辛い、スキゾという先入観、スキゾが周知になればなるほど、様々な要因が私に襲いかかります。

しかしながら、私は最初は本能的に、今は確信犯的に広がる。

何故なら、私が辿った過程は後の社会の重要な一欠片になると確信しているからです。

例えば鬱は精神的な病とされておりますが、科学的には脳内の電気信号のやり取りをする受け皿が減少して脳内の電気信号が不活性になる所まで分かっております。

鬱が慢性的に悪化したりすると幻聴などが聞こえます。

私は大学2年の時より幻聴と生活してきました。幻聴と聞くと皆さんには恐らく未知の世界で遠ざけたい気持ちになるでしょう。

そういう先入観ではなく、私の人となりを共に見てきた人もいます。残念ながらそういう方も先入観があると感じる面もありますが…

 

貴方の子供がスキゾフレニアとなったら、貴方の親がなったら、貴方の身近な人がなったら、そんな為の記録です。

と同時に、スキゾフレニアは社会にその特殊な価値を認めるべきであるとも考えます。特にスキゾフレニアを統合できた場合はその過程を含めて。

 

スキゾフレニアとなったら最期みたいに切り捨てられる社会よりも、スキゾフレニアになったならそれをきちんと認めて関われる社会の方が少し豊かな気がします。欲を言えば、発病した個人が再統合まで経験できる社会であればそれに越したことはないでしょう。

 

誰しも当たって砕けた経験はあるはずで、スキゾフレニアと呼ばれる人は、それが分裂する程の衝撃力だっただけのことだと素人ながら経験者として思います。職場で仕事ができず苦悩した経験がある方もいるでしょう。

学校で劣等感にさいなまれた学生もいるでしょう。もし衝撃が強くて耐えられなければ、貴方もバラバラになっていたかもしれません。

 

理想的な教育とは何でしょうか。理想的な職場とは何でしょうか。

そんな問いが私の根本に一つの領域として確実にあります。

 

 

undercurrent in Japan

本居宣長はあはれを事の心と物の心を掴む事だと述べた。

 

ここで言う心とは西洋の本質と対概念を指す言葉だと仮定します。

西洋の本質とは観念の中における一般的観測者を言うでしょう。観念の中で何も変わる事のない絶対的な存在であります。

 

対概念を成すと仮定した心とは絶対的ではなく変容する観念の観測者となります。。観念上の現象と捉えてもいいかもしれないです。

変わりゆく観念上の心をその瞬間に掴むこととなります。

 

建築は人間の速度ではなく、モノの速度の関係性で決まります。その時々の実際の現象によってその様態を変えるのは既によく言われている事であります。

西欧なら石材をメインにし、石材という本質を使いまわすため、日本の木材よりもずっと遅いスピードで建築が更新される。その為に西欧では変わらない本質が、日本では本質よりも変容するということを重要視しているように思います。

それが恐らく終戦後に統治の為に、恐らく物と事の支配から影響を受けて、心が本質へと理性の中で取って替わられたのか。それ以降、日本には統治の仕組みがあり続け、心を失ったようにも見えます。

そして技術革新の末、グローバル社会などが、ある時より騒がれ出しました。

それに抵抗するようにテロが世界で起こりますが、日本では国内の紛争さえ起こらないのは何故かと考えると、日本にはまだ心として物事を捉えるという実践が行われ続けていると考えられます。では、地質やジオメトリーや気候などだけではない日本の現代の情報やグローバル社会や速度をも含む風土をどの様に建築や都市として実践を行うのかと考えた時に、1人の頭の力を超えているでしょう。みんなで実践の記録をとり続ける必要があると感じます。

今、存在しているモノに積み上げて何かを作らなければ建築は進まない。これからは圧倒的な作家性の時代ではないのではないでしょうか。

牛の歩みみたいに少しずつ進んでいかなければならない気がします。

単独の批評性ではなく、論と実践と検証とをみんなで作る建築家を私は目指します。

 

その為に、建築家としてのあらゆる事に精通する能力と知識をできる限り(病まない具合に)広く深くこれから備えていこう。

大学7年目にしてようやくそのような考えに至りました。

 

これを序とします。

 

建築へ

何かを信じたり疑ったりする拠り所としての主体的な自分ができた。

恐らく、崩れることはもうない。

という訳で建築家を志す為に今後は社会にコミットした建築論を考えたい。

 

今やっていることは、

1.材料選びをしながら法律を満たす矩計図作成と材料リストとパース

2.ポートフォリオ

3.cinematicarchitecturetokyoのワークショップ

4.コンペを随時

5.引越しの準備をちょくちょく

6.日常生活全般で無駄の見直し、費用対効果を得ること

 

スペック的に今はこれが限界。

家の事を除くと4タスク同時進行が限界っぽい。

 

建築について、

建築家の実践はトップダウンボトムアップの均衡に現代建築は移行している。近代建築がトップダウンとしての先端だとしたら、建築家なしの建築はボトムアップの先端である。しかし、そのどちらも今の社会状況に適していない。

 

建築行為はコトを想定したモノ創りだと考えていたが、モノを創る前と後とでその周辺のコトが変わるのだから、広くいえば設計士の一回性のコトと言える。しかし、使用者が意味を見いだし続ける限り、そのコトは建物が崩れるまで一回性ではなく、何回も経験されるし、建築行為自体が複数人から成り立つのでそれぞれの見方ができる。複数回、複次元の経験に耐えうる建築って、身近な宝探しができるモノではないかなぁ。

 

その一つが現在の建築物からそのディテールの過去の成り立ちを使用者が追えるという設計の方法。トップダウン的である。

もう一つには、建築家と時間をかけて建築物を改良していく方法。

現代の着眼点はその手法である。

 

未来を語るのは狂人だと言われるが、ここでもう一つ。

建築行為全般とは今発見されてない別な次元から建築を志す。

 

例えば、お施主さんが千利休ならばどういう建築になるだろうか。ワクワクする。

ならばお施主さんを千利休に育ててしまえば良い。おこがましいが…

例えば、自作映画を創るとどんな場所でも深い文脈で建築が作れる手法を編み出す。

例えば、建築で島国を創る技術を編み出す。

要するに、発見し発明する力が今後建築には必要なのだろう。フォースを信じるんじゃ!

 

発見はできるが、果たして発明ができるか。

私は建築に目覚めた。

 

人格の中の時間

前回、時が動き出したというような事を書いたが、時が止まっている時を振り返るとなかなか興味深い。時が止まっているとは正確には個人の時の歩みがかなり遅いということである。成長や変わるスピードが遅く、ある意味環境に適応していない状態である。時が遅くなる以前に積み上げた身体感覚、素養だけで生活していたように思う。

徐々に時が早く動き出すが、遅い時は周りがコロコロ変わっているように見え、自分もそれに合わせようとしてしまう。ある人がある時、誰かを好きだったのにもう変わっているなどと考えていた事も実際ある。
自分もそれに合わせようとするとは、相手が何を意図しているか全く読めない為に、なんとかその場しのぎをしようとする事であった。
脅迫的に迫られない限り、嘘はついた覚えはない。脅迫的に迫られる時は、その人の望む嘘をつく。

一旦、時間が動き出すと存在しなかった自分が身体に戻ったような感覚になった。これをおそらく自我と呼ぶのかもしれない。自我が出たり入ったりしていた時期から徐々に自我が保たれ始める時間が長くなる。
今日は1日自我が意識できていた。何年かぶりの感覚である。

簡単に例えると、部屋掃除しなくてはと頭で考えても、疲れていて身体が動かないという状態が疲れてなくても動かない状態が日常を支配しているみたいな感じだったと今は認識している。

これらを踏まえてメタ的に一つ次元をあげて考えてみる。今回のタイトルだ。
人格の中には時間がある。人格は時間とともに変容しあるいは成長したり劣化したりする。
その人格に関しての時間がもしも止まったら、おそらく、周りの変化に応答せず、それまで培った経験だけで現実の時計の刻む時間を過ごす。

この時間が止まる原因としてはストレスが掛かり過ぎていたように思う。自我が壊れるレベルでのストレスなのだろう。防衛本能で生きようとしていたのかもしれない。

色んな人に色んな話をした。大体が事実だが、それでも、あまり語っていない方なのだ。私の人生はなかなかかなり数奇であった。これから私に起こる事も大抵愛せそうである。

We don't ask to be eternal beings.

建築的発明をせよと誰かが云う。
ありふれたもので構成できないかと問う。
せめて世界が意味あるものであり続けますように。

命とは罪を犯し続ける者である。
命とは悪そのものだ。
だから我々はマイナスより0に近づく為に色んな物事を更新し続けるのだろう。0地点もまたそれに伴って遠ざかる。
生きるとは更新する力である。

零地点の建築を考えたいワケではない。
そこでは全てが凍結してしまうもので、生きる事の停止、即ち死が支配してしまう。
世界に意味を見出す限り、物事は更新され続けていく。

更新するモノの未来の罪を背負いたくない私がいた。過去にお別れを告げられずに。
そしてその影にさよならを告げる。
時間が動き出す。