vaiduryamuscari’s diary

自分用日記

筋と主体性

私の筋とはなんだろうか。
話の筋、物事の筋とはよく言う言葉である。

筋は物事の諸関係の構造のことである。
私の中に以前はあった筋が今はない。出来つつあるが…

今日、懇親会で最優秀案の話で誤解があった。
直感で言葉を選んだ私自身、誤解されたと理解するほど、自分の言葉の意味が分かっておらず、流れてしまった。

個人の筋は主体性を持って動くという事と関係している。
特に物作りの作品のイメージを掴もうとするとき、主体性がなければイメージは掴めない。

四年の時から私の中の想いや記憶に居場所が与えられ、私の考え方がまとまり始め、ライブに近くなりながら言葉を発し始めるが、筋には届かない。
筋が全くなかった私は何を根拠に無数の中からイメージを選ぶかがわからなかった。
ほんの半年前までその状態を繰り返していたようにも思う。

本当の私は笑うことが少ないのかもしれないと思い始めた。過去でもなく、今でもなく、未来でもなく、筋を掴んだ私はである。

模型をたくさん作りたい今日この頃。
模型製作で出てくるイメージを取捨選択することが私の筋を形作る。