読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vaiduryamuscari’s diary

自分用日記

それぞれの孤独と対価としての武器の創造

人はそれぞれの孤独を抱えた分、武器を創るのではないか。

 

私の所属する研究室ではある者は哲学と幾何学の知識を、またある者は神学と絵筆の技術を併せ持っている。

 

なら私の武器は?

タバコ仲間との会話により発露した。だから私は孤独について考える。

松田家のルールの分析能力と頭の良さ、西村家のモノゴトへの感受性と筋の通し方を足しあわせ、私が1番実現したい事は2つの錬金である。

法律と天文学と薬学を武器として洗練しよう。

 

本質と思われていたコトは変わってしまった。しかし、変わる中にもっと核心に迫る本質があるのではないか。

 

ウィトルウィウス建築書より学ぶ。