vaiduryamuscari’s diary

自分用日記

外を省みること、内を省みること

今日はメリットを共有する同研究室の知人?仲間?とのカウンセリング?教え?を通して、私はタイトルのことを考えた。

 

簡単にまとめると、私はある時から人の考え方の共通項を外れて、それでいいと感じていた。しかし、外れていることを意識していない時間が度々あり、外れている事に無意識になっている。無意識な時間が長くなり、一般的な説明が出来ない状態である。

 

先ず、一般的な説明が出来るようになることを目指す。

治療方?戻り方?の最近の具体的な例として、オープンデスクでお世話になった事務所の話をする。

 

私はパースで何か材料の色彩を選ぶ時、ビビットな建築的にどぎつい色を選んでしまう。これで最初にパースを描く事を取り上げられてしまった。最終日に建築の模型のテクスチャーを貼る作業をテクスチャーの色の所員さんやボスの指示を受けながらテクスチャーを作り、かつ貼った。

一枚目のテクスチャーは貼るのに合格するテクスチャーを作成するのに2時間かかる。所員さんの指示とボスの指示を受けた。

二枚目のテクスチャーは1時間かかる。ボスの指示を受け、所員さんのやり方を教わる。

3枚目のテクスチャーは30分で所員さんの指示、やり方を教わる。

4枚目のテクスチャーは20分弱でボスのテクスチャーの指定と色合いの変更を1度ずつ受ける。

 

このテクスチャーを模型に貼り、それを自分でよく観る事によって、それまでの私の色彩感覚が異常である事が相対的に理解できた。

 

私は、この共通感覚を流れと呼んでいる。

今の時代は、彼岸であり、私がいる所は此岸である。思えば、いろんな此岸にいたように思うが、どれも共通感覚としての彼岸とは他の人と相対的に離れ過ぎていたのではないだろうか。

 

具体的に出来ることとして、例えば、建築のCADの操作などは決まった操作の組み合わせがあり、スケールは実物を参照して作ることが可能である。

色彩は上述した通りである。

模型を作る時には、呼吸の仕方から入って、自分の状態の起伏をなるべく抑えて、雑さを消す事を意識すると綺麗になる。

 

これからやることとして、

人との距離感のつかみ方を経験しようと考えた。これには気になる異性を口説くのが効果的とのご指摘がある。

自分の事やアイディアを一般的に説明可能とするために、確かな、合理的な事を積み上げるという論理性を意識する。

 

ここまで私が書いたことは一般的に理解可能であっただろうか?

内を省み、外を省みる事を繰り返そう。

昨日の内省であった。

 

以上。