vaiduryamuscari’s diary

自分用日記

酔った勢いで滑らかに日記を書いてみる

我思うゆえに我あり。

全ての論理はここから始まった。

 

論理を論理っぽくなく酔った勢いで書いてみます。

 

ジェフリー・バワのベントタビーチホテルってなんか快適なんだけど外のまんまなんだよね。なんでだろう。

スリランカにあるんだけど、年間通して凄く暑い地域で、なのにリゾート地として快適なんだけど。

 

思い返してみると、ホテルへのアプローチから日差しはなくって、そのままレセプション、個室まで屋根がある。

レセプションは大きく海に風が通り抜けられるようになってるんだけど、恐らく色んな大勢の人が集まるからなんだろな。

外気のままレセプションを済ませて、外気のまま個室に荷物を置きにいく。ここの通路もどちらか片側と上空に風抜けができていたな。

個室は、比較的少人数だから窓の大きさも抜けもあまり必要ではないんだろな。

でも入口と向かいの窓に風抜けができるようになっている。入口からは絶対中が見えないけど、風は通り抜けられるような幅にはなってる。

食堂は必要に応じて掃き出し窓を開けて外に出たり、あけたまま中でバイキングできたりする。長時間会話が弾む時は外へ出れるし、短時間なら内に居てもいいな。

海に面していて、海と逆の方向とも大きな風抜けができるな。

 

帰結、

スリランカは暑い!

だから風が必要。

だが風抜けの適量さが設計のしどころ。

 

以上。酔ってて記憶違いでしたらすいません。