vaiduryamuscari’s diary

自分用日記

未来を創る

少し、私論を、

 

岐路に立つと怖くなる。震える。自分の選択が未来を良くするか、人に迷惑を掛けないか。

未来を選び取るのは正直畏れ多い。

 

未来を選び取る時に、産まれてからこれまでの過去を振り返る。これはあの人の考え方、この言葉はあの時の言葉、この振る舞いは懐かしいな、などと。

 

私は未来を、自分の信じる光の射す方を選び取らないと5年程前に決めていた。その代わり、選びとらない選択をした未来が何を創るのか観てきた。その中で出逢った物語も、きっと大事にして、次に繋がるのだろう。

 

未来を創るとは今、選ぶ事である。過去を踏まえて、今できることの中から、未来を見据えて、決める。後は自分の決めた事に殉ずるのみなのだろう。

 

皆んな未来を創る。その為に諸々の事を考え、選ぶ。改めて、新しく広がった幾多もの中からとりわけ輝く光の射す方向に。

私もその中の一人としてささやかながら全体の流れを決めていく。

 

ただいまと1人言う。おかえりと聴いた気がした。